心のコップを満たす

この言葉、聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。誰にでも言えることですが、特に子育てママに知っておいて欲しいことなので、取り上げてみました。

心はコップの形をしている

誰しも心は、コップの形をしている、と考えてみてください。大きいコップの人もいれば、小さいコップの人もいます。大きいのが良くて小さいのがダメ、とかいうことではありません。そこに優越はないので間違えないでくださいね。

心のコップには、水が入ります。なみなみと水があふれんばかりに入っていることもあれば、ほとんどなくなってカラカラになっていることもあります。

なみなみと入っている = 心が満たされている状態

です。逆に、

水がなくてカラカラ = 心が満たされていない状態

ということです。

水が入っていないとどうなる?

砂漠にいて、水が無くて喉がカラカラに乾いているとき、人はどうなりますか?自分の喉を潤すことに必死になります。なんとか水を得ようとして、他のことは考えられないでしょう。自分のことで精一杯になります。

心のコップに水がないときも、同じです。自分のことで精一杯。余裕がなくなります。

他人に対して攻撃的になる人もいれば、自虐的になる人もいるでしょう。それはその人のタイプにもよりますし、その時の状況によっても変わります。ある特定の相手にだけ攻撃的になる人もいます。

そして、不思議なことに、コップが空に近づけば近づくほど、そうなっていることに気付きにくくなるのです。

子育てママの心のコップ

人によって、心のコップを満たす方法はさまざまです。

基本的には、自分が「やりたいこと」をやっているとき、誰でも心のコップに水が注がれます。趣味に没頭する、観たいテレビを観る、行きたいところへ行く、食べたいものを食べる、など。

でも、子育て中のママにとって、「やりたいことをやる」ことはとても難しいことだったりします。家事育児に明け暮れる毎日だったり、小さな子ども連れでは難しいことだったり、時間的、物理的な理由でできないことがたくさんあります。

そして、実は心理的な理由が原因となっている場合も多かったりします。「ママだから」「子育て中だから」「すべきでない」「やってはいけない」という“心の声”が足かせになっているパターンです。
ママだからネイルなんてしちゃいけない、子育て中だからファッションにお金を掛けるべきではない、など…

そうやって心のコップが空っぽになったとき、ママはどうなるのでしょう。

カラカラのコップで心をすり減らしながら、毎日子育てを頑張っているママがたくさんいて、産後うつも虐待も、実はその延長線上にあるものだったりします。

心のコップを満たすには

なかなか自分の時間を取れないママだからこそ、心のコップを満たすように心がけるべきです。それは、ほんの小さなことだったりします。

例えば、子どもが昼寝をしているすきに、ちょっと美味しいお菓子を食べたり、丁寧に紅茶を淹れてみたり。気分が安らぐアロマを焚いてみたり、たまにゆっくりお風呂に入ることかもしれません。

ネイルでもオシャレでも、子どもの肌を傷つけるような長い爪だったり、子どもに汚されて困るような服だったりしなければ、どんどん楽しむべきです。

家事だって育児だって、全てママが完璧にこなす必要なんてないのです。

自分の心のコップを満たすものを知って、常にカラカラになってしまわないように気をつけること。それを心がけるだけで、子育てはぐっと楽しいものになります。

心が満たされて余裕があると、子どもに接する態度や言葉も変わります。
ママが変わると、子どもも変わります。

まずはママが、自分の心のコップを満たしましょう。

ママコネの最新情報をチェックしよう!

子育てのコツの最新記事4件