子どもを抱っこする母親

子育ては学ぶもの?

みんな子育てを習わずに親になる

この記事を目にしている方は、ほとんどの方がお子さまをお持ちの「親」だと思います。お子さまは、まだお腹の中かもしれませんし、もうとっくに成人されているかもしれません。また、中にはまだお子さまがいらっしゃらない、まだ結婚もしていない、その相手もいない、という方もいらっしゃるかもしれません。

いずれにせよ、みんな昔は子どもでした。

そして、良い両親だと言えるのか、いわゆる毒親なのか、はたまた祖父母や親戚など、親代わりとなる方なのか、とにかく誰かに「育てられ」ました。

なので、誰もが子育てを「知っている」気がしています。

知っている気がしているので、「習わなきゃ!」なんて思いません。学校でも教えてくれません。保育や教育のプロを養成する教育機関はありますが、親としての子育てを学ぶシーンはそう多くありません。

妊娠した、となったら両親学級などで、妊娠期の過ごし方、出産について、出産後の赤ちゃんのお世話について、といったことは教えてもらえます。でも、その後は?

生後約1年、どう接すればいいかは丁寧に教えてもらえるのに、その後10数年のことは教えてもらう機会がないのです。

多くのお母さんが子育てに悩むのも、そう考えると当然のことですよね。

だから三世代続くのです

「子育ては三世代続く」と言われます。

祖母から母へ、母から子へ。

自分が受けた子育てを、自分の子どもにも与えようとします。なぜなら、それしか知らないから。

子育てを学んだことがないお母さんは、自分の受けた子育てが、知っている「全て」。なので、同じ方法を取ることは当たり前です。

それが、子どもにとって「良い」子育て方法であっても、「悪い」子育て方法であっても、それしか知らないから、それしかやりようがないのです。

本当にその子育て方法でいいですか?

自分が母親から受けた子育て方法で、あなた自身は幸せでしたか?

もちろん、ほとんどの方が「はい」「それなりに」と言うでしょう。幸せじゃない、と言うことは、今の自分を否定するのに等しいことですから。

でも、子どもの頃の自分を振り返って、よーく考えてみてください。
「あんな風に言われて嫌だったな」
「もっとこんな風にしたかったのに」
というような当時の気持ちが、出てきたりしませんか?

そしてもっとよく考えてみると(人によっては考えなくても)、同じことを自分の子どもに言ったりしたり、していませんか?

あなたの子どもは、当時のあなたと同じ気持ちになっていないでしょうか?

だから子育てを学びましょう

あなたはその子育て方法しか知らない。子どもに対する接し方をそれしか知らない。だから、今まではそのやり方であったとしても仕方ありません。

でも今、

  • このままでは良くないかも
  • 子どもの頃の自分と同じ気持ちにはなって欲しくない
  • もっと違った育て方をしたい
  • 子どもの個性にあった育て方をしたい、

そんな風に考えているなら、今からでも遅くはありません。子育てについて、学びましょう。自分が受けた子育てにはなかったやり方、今まで知らなかった考え方、今の時代にあった子育て方法、そういったものを学ぶことで、きっとあなた自身の心が軽くなります。子育てが、もっと楽しくなります。

子育ては学ぶもの。

新しい一歩を踏み出しましょう。

子どもを抱っこする母親
ママコネの最新情報をチェックしよう!

子育てのコツの最新記事4件